スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

出産リポート

忘れちゃう前に出産の時の事を記録として残しておきたいと思います。

めちゃくちゃ長文なので、たたみます。
予定日前最後の健診で産まれてくる気配が全くないと言われ、促進剤を打って出産するために入院の日まで決められてしまい凹んでいましたが、開き直って、夫婦2人の時間をエクストラで貰ったと思うようにし、3連休だった週末に夫婦でお出掛けすることに。
2日間沢山動いたので、連休最後の日に出血が。もしかしてこれはおしるし?と思い、ちょっとワクワク。その日は、ゴルフの打ちっぱに行こうと思ってのですが、さすがにそれは止めて、近所のスーパーまで散歩がてらお買い物だけ。

そして翌日、お腹の痛さで目が覚める。5時くらいだったかな。
10分間隔くらいで痛いから、もしかして陣痛?と思ったけど、この日はちょうど健診があったので、様子を見ることに。

11:00 妊婦健診。NSTにも一定の間隔でお腹の張りが出てたけど、助産師さんにはただの前駆陣痛と言われ、一旦家に帰る。動いた方がお産が進むと思い、歩いて病院まで行ったから、帰りはちょっと辛かった。

15:00 Gちゃんが早めに会社から帰ってきてくれる。張りは相変わらず10分間隔。

18:00 張りの間隔が10分を切る。だんだん痛くなってくる。Gちゃんが腰をさすってくれるてたけど、手で温めてくれる方が痛みが和らぐ事を発見。痛みがひどくなる前にシャワーを浴びる。

19:00 張りの間隔が5~7分に。そろそろ病院に連絡しようか迷ったけど、普通に喋れるたり、声に余裕があると帰されると雑誌で読んだ事があるから、もう少し我慢する事に。

20:00 大分痛くなってきたら病院に電話。「入院してもらうかチェックするから、とりあえず来て下さい」と言われる。Gちゃんが病院に行く前に、BooとQooの散歩に行っておくというので、痛い中我慢。

20:30 病院到着。緊急外来で受付。産科病棟にたどり着く前に痛みに耐えられず、エレベーターの中でしゃがみ込む。

20:45 産科で診察。子宮口が8cm開いてた。助産師さんに「初産婦さんなのに、よくここまで我慢したね。」と言われ、陣痛室は飛ばして、直接分娩室に案内される。


21:00~ 子宮口が開いてる割には、陣痛の間隔が短くなってこないから、一旦陣痛室に移るように言われ、分娩台を降りた瞬間、破水。袋がポンッと破れて、水がバシャと出てきた感覚がわかった。立ち上がれなくなり、やっぱりこのまま分娩室で出産しちゃいましょう。と言われる。
破水した事で、お産が進んだようで、段々痛みがすごくなってくる。
分娩台の上に寝てたので、仰向けの姿勢でいたのですが、助産師さんに、横向きの方が楽だったら横向きになってもいいですよ。と言われ横向きになると、痛みがドンドン増してきた。助産師さん、「横向きになってお産が進んできましたね。いいですよ~」と。

しばらくして、もう産まれそうなので準備しますね。とまた仰向けに寝さされ、助っ人の助産師さんがもう1人加わる。
今まで陣痛が来るたびに、深呼吸して息を止めないように頑張ってたけど、息も出来ないような痛みが襲ってくる。その度に、助産師さん2人とGちゃんから「息止めないで~。」と注意。「イヤイヤ、こんなに痛いのに深呼吸なんてムリムリ。」と心の中でつぶやく。でもGちゃんがずっと、体をさすったり、団扇で扇いでくれていたので、本当に心強かった。立会いにしてよかったぁと心から思った。

22:30 5,6回いきんだ後、無事に出産。助産師さんも「思ったより早く産まれましたね。日付は変わると思ってたんだけどな。」と言われた。私が「安産な方ですか?」と聞くと「ええ。安産ですよ~」と助産師さん。安産でもこんなに痛いのに、難産だったらどんなけ痛いんだ~と想像したらぞっとした。

産まれてすぐ、タオルに包まれた我が子を抱っこさせてもらう。たぶん5分くらい。その後、赤ちゃんに問題がないかチェックするため、一旦連れて行かれ、しばらくしたら戻ってきて、小1時間くらいカンガルーケアー。
抱っこした赤ちゃんを見て、「これが我が子かぁ~。」と感動したものの、あまり実感が湧かなかった。

カンガルーケアーの後、しばらく休憩して病室へ。面会時間過ぎてるから、Gちゃんは病室に入れないため、ここでお別れ。「明日からは母子同室になるから、今晩はゆっくり寝てくださいね~」と言われるも、長時間陣痛に耐えてたせいで、気がついたら歯を食いしばって全身に力が入ってしまい、殆ど寝れなかった。


今振り返っても、長い1日だったな。
赤ちゃんに会えたこともうれしかったけど、何より、Gちゃんと2人で出産に挑めた事が1番嬉しかったな。
居てくれて本当によかった。
スポンサーサイト
.17 2010 マタニティ comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://2006sweetlife.blog88.fc2.com/tb.php/122-f6060b0f

プロフィール

CHIKO

Author:CHIKO

☆家族☆
Gちゃん(ダンナさん)
Booちゃん(パグ:7歳♀)
Qooちゃん(ミニピン:7歳♂)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。